--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2009.07.31
一昨日、自転車にがっつり乗りたい気持ちにおそわれ、
夕方、おやじの会社の近くまで、チャリでお迎えに行く事にしました。

ついでに、ららぽーと横浜に寄って、
新しい手ぬぐいを仕入れようと思って。

ついでに、晩ご飯は外で食べちゃおうみたいな☆


0907-048.jpg

この日は風が強かったので、流された雲の模様が賑やかで綺麗でした。
カメラを持っていなかったのが残念~
ケイタイのカメラでパチリです。




0907-044-.jpg

鶴見川サイクリングロードを気持ちよく走りました。
前方にある物体は、東名都筑インターです。




0907-045.jpg

つるみ川流域はバクの形です。

と、横浜市は言っていますが、ちょっと無理矢理な感が・・・
(梅子にはバクに見えませんがな。)




そう言えば去年、鶴見川源流から海まで走る予定がありました。
源流をスタートし、鴨居で喫茶店に立ち寄ったところで、
梅子がお財布を忘れた事に気がついたんです!
サイクリングは中止、泣く泣く引き返したのでした。
(って、ほんとに泣いた…)

で、翌週リベンジするつもりが、山中湖行きになってしまい、
まだ、鶴見川制覇は実現していません。
近いうち走りたいコースです☆




夕方のサイクリングロードは、少し暑さもやわらぎ、
人も少なくて快適でしたが、

0907-046-.jpg

そんな気持ちのいいサイクリングは、
ふいに終わりを告げました・・・

スポンサーサイト
2008.12.28
おやじが Cannondale のシクロクロスを購入したのは、約四年前…
その時からの総走行距離が(小径車での走りも入れて)この12月に
40,000km を越えました!

約4年で、地球一周です!

おやじはよく『走行距離がもう○万キロだよ~』と、言っていたのですが、
桁が多過ぎて、梅子にはピンとこなかったのです・・・
しかし、四万キロならイメージつきます!地球をぐるっとしたなんて感動だね!!
4万キロ = 地球一周って、一つの区切りのような感じなのでしょうね~

10月から梅子に自転車のスイッチが入り、休日にガンガン乗り回した為に、
予定より早く、4万キロを達成したようです☆



0812-136.jpg

最近おやじが休日に乗るのは KHSなので、
通勤車のようになってしまった Cannondale の写真は数えるほどしかありません・・・
上の写真はおやじが一人ではじめて山中湖へ行った時のもの…

この日、梅子は仕事でしたが、
仕事じゃなくても一緒に行く気なんてサラサラありませんでした。。。
(ずいぶん変ったもんだ!)

2008.11.27
…… (1)からの続きです ……


0811-127.jpg

先に城山湖の写真を☆



0811-125.jpg

22%というとんでもない激坂という事で、今回おやじは小径車ではなく、
通勤車・シクロクロス(Cannondale )を出動させました!
(お出かけで乗るのはブログ初!)

22%の坂では、ハンドルにかかる力がとても大きく、
『小径車では、ハンドルがあばれてしまって無理だったと思う…』
と、おやじ・・・

ならば次回は是非、

小径車で22%の坂に挑戦して下さい。 (妻より☆)

2008.11.27
11月15日(土)かねてから気になっていた

勾配22%の坂 にチャレンジしてきました!!

記事タイトルの出だしが「城山湖へ」となっていますが、
今回のサイクリングのメインは「湖」ではなく、湖へ行く途中にある「坂」です!


0811-116--.jpg



自転車関連で調べ物をしていると、他の方のブログの情報がとても役立つんですね…
「このルートは走りにくい」とか「ここにはこんなお店がある」とか・・・
(ホントありがたいです!!)

で、偶然見つけたのが「22%の激坂の情報」でした!

城山湖は、おやじは以前車で一度行った事がありました。
梅子は行った事はないのですが、城山湖が「津久井湖」の近くにあるという事は
何となく知っていたので、R413(道志みち)から行くんだろうな…
と思っていましたが、地図で見てみると、
津久井湖の上(北)高尾に近い場所にありました!

城山湖へは、R413から行く事も出来るのですが、
問題の22%の坂は「町田街道」から行くルートにあるようでした。
「町田街道」から、城山湖!?
ちょっと驚きましたが、町田街道の入口は「高尾」なので不思議ではないのですね…
「神奈川県はまだまだ奥が深いな!もっと走らなければ!!」
などど、思うのでありました・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。