--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2011.10.19
≪ キッチンに棚を作る(21)
 
 
0993-01.jpg

改良したキッチン棚に、無事

新しいオーブンレンジが入りました。




と言っても
オーブンレンジを設置したのは、
5月の事ですけど・・・ 汗 



0941-5.jpg

〈前記事より、設置前の様子〉



キッチン棚記事の続き…
気づいたら前回からなんと4ヶ月が経っていました!
新オーブンレンジの為に棚を作り直したというのに、
肝心のオーブンレンジを入れた記事が、まだだった 
という・・・ 



         ▼古いオーブンレンジ
0808-04.jpg

         ▼新しいオーブンレンジ
0993-02.jpg

         オーブンレンジは、東芝・石窯オーブン ER-H10。
         (届いた時の記事 → 二代目オーブンレンジ、参上
         上部は10cm空けなくてはならないので、最上部の棚板を一段
         高くする為に支柱を作り直しました。上部は15cm空きました☆
         
         節電の夏もあったりして、まだオーブン料理を作っていないため
         パワーアップしたオーブンレンジの良さは体感しておりませんが、
         見た目は前よりよくなったと思います… 笑



さて、キッチン棚はこれで完成ではありません。まだまだ作業が残っています!
(というか、ここに住んでいる限り終わりはないのかも…)

★「キッチンペーパーホルダー」を作って支柱に取付ける。
★ ラップ類・油などを入れている棚に「扉」を付ける。
★ 使わない時はフライパン棚の前に収納出来る「ミニワゴン」を作る。


これらは、夏前に板をカットし終え、パーツは揃っているのでした・・・
(いつも嫌いなヤスリがけの所で止まってしまう!!)

庭作業のあるDIYは、真冬になったら春までお休みになってしまう事でしょう…
本格的に寒くなる前に、一気に進めたいと思いますっ!!
 
 

スポンサーサイト
Tag: キッチン
2011.06.18
≪ キッチンに棚を作る(20)


0941-5.jpg

5月中頃、パーツが揃ったので、棚を組み立てました。
新しいオーブンレンジを置くため、前よりも一段高くなった、新生キッチン棚!
(と言っても、見た目はさほど変りませんが・・・)



↓ 続きは、組み立て作業の過程です…

Tag: キッチン
2011.06.16
≪ キッチンに棚を作る(19)


0942-3.jpg



支柱の高さが、溝一段分上がったので、
棚板をもう1枚、増やす事にしました。

そして1枚は、新しく作り直す事に… 



0942-1.jpg

ホームセンターで新たに購入した、異なるサイズの板を、



0942-2.jpg

ノコギリでこのようにカットしました。



0942-4.jpg

そして、上写真の下の板の「裏側」に、
ステンレス製の金具(98円)を



0942-5.jpg

ビスで固定しました。

 
 
≫ キッチンに棚を作る(21) へつづく…

Tag:
2011.06.02
≪ キッチンに棚を作る(18)


0934-02.jpg

         塗装ハゲハゲチェストの上に板を乗せる前に、
         ホームセンターで買っていた「滑り止めシート」を敷きました。
         100均で売っているものより、少し大きいサイズです。
         天板に合わせて縦幅をカットしましたが、



0934-03.jpg

惜しい~!!

横の長さが少し足りず、カットした余りでしのぐ・・・
(スキ間は気にしない。)



0913-04.jpg

予定通り、二枚の板を、白線の部分でカットしました。
この長さをノコギリで切ると、翌々日、腕が筋肉痛に…



           (オーブンレンジがあった背面の壁紙が焦げてるし…)
0934-01.jpg

     板はいつものオイル塗装です。
     作業台として使っていれば、いずれ傷が付くしシミもできる事でしょう…
     そうしたら、またヤスリをかけてオイルを塗って…とメンテナンスできるよう、
     板はチェストに乗せているだけ・・・という状態に。しかしそれだけでは簡単に
     板が滑ってしまうため、家にあった滑り止めシートを挟んでみたのでした。
     安易な思いつきでしたが、ナイス! 板は動かせても、簡単に横滑りしません☆



0934-04.jpg

冷蔵庫側の板の側面には、  
ゴム板を接着剤で付けました。

 
 
≫ キッチンに棚を作る(20) へつづく…

Tag: キッチン
2011.05.27
≪ キッチンに棚を作る(17)


0932-04.jpg0932-02.jpg

    ↑ 壁裏探知機などを使って、      ↑ 支柱を溝の穴から壁にビスで固定しました。

おやじが前に買ったこの壁裏センサー…「壁の中にある柱などを探知して光と音で知らせてくれる」
という便利な機械なのですが、残念ながら使いこなせていません!!
せっかくあるので一応使ってみますが、正確な場所がいまいち掴めないのです…
こやつがピーピー!叫んだ場所を参考にして、
「こぶしで壁をコツコツ叩き、響かず硬い音がする場所」に・・・
支柱の場所は決まっているので、その縦のラインで、柱のある場所を探しましたが、
二つある穴の片方だけしか柱にかかっておらず、右側の穴だけ、四ヶ所で固定しました。

☆東急ハンズで同じもの(日本版?)がありました。(→ ジルコン 壁裏探知機 F19
「各ご家庭に一つあれば大変便利なツール」らしい…



0932-01.jpg

しかも、三本ある支柱のうち、
真ん中の支柱の裏には、柱が入っていないようで、

ビスが打てません!!

(ピーピー探知してたんだけど?)



           石膏ボードだけでは、ビスがきかず、
           くるくる回ってしまうのです。ゆるゆるなんです・・・
          
           「石膏ボード用のアンカー」などを使えば、
           柱の入っていない場所でもビスを打つ事ができるのですが、
           強度あっての固定だったので、この支柱はあきらめました。



0932-03.jpg

           かわりに、角材を二本の支柱の溝に渡して、右側の柱に
           「ぶら下がっている状態」に。
           固定というよりは、柱の位置を決めるための策でした。
 
 
 
     しまった…

     「ビスで壁に固定しただけ」だというのに、また長くなってしまった~
     次は(16)で作っていた板を、チェスト上に乗せます。。。
 
 
 
≫ キッチンに棚を作る(19) へつづく…

Tag: キッチン
2011.05.25
≪ キッチンに棚を作る(16)


支柱と棚板の塗装が終わったので、ようやく棚の組み立て作業です。
この棚を組み立てるのは、何度目だろう・・・

これでもう最後にしたい。



まずは、左・壁側の支柱から、取り付け開始。
地震の事を考え、壁側の支柱は、壁にビスで固定することにしました。

と、その前に、支柱にちょいと加工を…



0930-01.jpg0930-02.jpg

↑ 1×4材の余り板で作ったミニサイズの棚板を、     ↑ 支柱の溝にはめ込みました。

このパイン支柱は、ホームセンターで売っている「板厚18mmの集成材」が入るように作られていて、
溝には1mm程度の余裕があります。
が、ここはピッタリはめたかった為、あえて厚さが約19mmある1×4材を無理やり押し込みました。
そして外れないよう、支柱の開いているビス穴から、ビスで固定します。



       ところでわたくし…「ネジを締める」作業が苦手!!

       特に、電動ドライバドリルの扱いには、自信がありません…
       DIY歴は三年ほどになりますが、意外と場数を踏んでいないのです。

       2008年から手を加えてきたこのキッチン棚にビスを入れるのは、
       なんとこれが初めて・・・ 汗



0930-03.jpg

まずはビットをドリルに変え、ネジを入れる為の下穴開けを…
(下穴用のドリルというものはもっていないので、
今あるドリル刃で一番小さなものを使っています。)



0930-05.jpg

下穴無しでビスを打ち、板がひび割れた事が多々あったので、
不安な時は、ちゃんと下穴を開けてから入れる事にしました。
特に面積の小さい木材は、ピシッと割れる危険が高いようで…



0930-04.jpg

長めのビスを垂直に入れるのは、梅子レベルじゃ難しい~
自信がないので一旦板をはずし、途中まで手作業でビスを
入れてみたりして…



0930-06.jpg

再度板をはめ込み、電動ドライバーで最後まで一気に!
は~ ちょっぴりキンチョウしたぜぃ・・・



     しまった!!

     ただ「ビスで固定しただけ」だというのに、こんなに長くなってしまった~!!
     壁への取り付け作業は、次の記事で・・・汗
 
 
 
≫ キッチンに棚を作る(18) へつづく…

Tag: キッチン
2011.04.15
≪ キッチンに棚を作る(15)


またまた、前回からだいぶ間があいてしまいましたが…


0913-02.jpg

     写真は去年10月、(14)オーブンレンジと棚板の記事のために撮ったものです。
     電子レンジを新しいものに買い替えるには、一番上の棚板を、この写真より
     「支柱の溝一段分」は上げなくてはならず、結果「支柱を作り直す」という残念な
     事になったわけですが、めげずに、記事をあげた数日後には作り終えていました!



     というのに

     いまだ電子レンジは「古いまま」というね…

     ま、でも「あとは新しい電子レンジを買うのみ!」と、余裕でいたんですが、

     またしても問題が・・・



0913-03.jpg

     一枚目の写真を拡大したところです。
     分かりますでしょうか・・・ 天板の塗装が、剥げているんです!!

     この家具はUSEDで、お店が中古家具を修理し綺麗にして販売していたものです。
     表面のグラデーションは、お店の職人さんによる「ラッカー塗装」との事でした。
     その綺麗なグラデーションが日に日に剥がれてきており、もう止まりません!!
     けれども、この塗装は梅子にはできないので、どうしたものやら・・・

     そもそも、
     家具の天板をキッチンの作業スペースとして使っているのが間違いなんです!
     という以前に、
     キッチンにこのようなチェストを置いている事自体が間違っているのです!!

Tag: キッチン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。