--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2014.02.09
1172-DSC_0056.jpg




1172-DSC_0062.jpg



【 10:30~11:06 一丁平 】
1172-DSC_0069.jpg
1172-DSC_0067.jpg



【 11:24 城山 】
1172-DSC_0098.jpg




1172-DSC_0078.jpg



【 11:53 小仏峠 】
1172-DSC_0105.jpg




1172-DSC_0092.jpg



【 12:32~12:39 景信山 】
1172-DSC_0113.jpg




1171-DSC_0108.jpg




1172-DSC_0110.jpg




1172-DSC_0114.jpg




1172-DSC_0115.jpg



じっくり書くとなかなか進まないので、文章はおいおいで…とりあえず写真を並べておこうと思います。
先週の大雪の記事が書き終わらないうちに、また大雪が降るなんて・・・

スポンサーサイト
Tag:
2014.02.09
1171-DSC_0108.jpg
〈 景信山山頂から陣馬方面への登り。 〉



▲ 高尾山、城山、景信山 〔 東京都、神奈川県 〕

2014年2月9日(日)・ 晴

○ルート / 稲荷山コース 〜 ▲高尾山 ~ もみじ台 ~ 一丁平 ~ ▲城山 ~ 小仏峠 ~ ▲景信山
         ~ ▲景信山 〜 小仏バス停 ( ~ 高尾山麓駐車場 )
         
○交 通 / 車・高尾山麓駐車場(1日/¥1,000)




丹沢へ行く予定だった日曜日でしたが、金曜の夜から土曜日にかけて関東甲信地方に大雪が降りました。
こりゃ山は無理だわ・・・初心者のワタシ共にはとんでもない積雪量。と、一旦は山歩きは中止にしたのですが、まるで雪国
のような真っ白い景色に、山へ行きたくてウズウズ… 年末にチェーンアイゼンを購入したのです。
「積もったばかりの雪の上を歩きたいっ!」
梅子レベルで行けそうな低い山は・・・「そうだ、高尾山へ行こう!」となり、前日に車のタイヤにチェーンを装着しました。
高尾山まで登り、進めるようなら尾根道を陣馬山まで。高尾山~陣馬山は去年5月に歩き、山歩きにハマるきっかけになった
コースです。雪の積もった奥高尾。スノーハイクデビューに丁度良いんじゃない?
なんて思っていましたが、思っていたより積もっていた・・・陣馬山まで行く事はできず、景信山の少し先で折り返しました。



【 08:10 稲荷山コース登山口 】
1171-DSC_0002.jpg
1171-DSC_0031.jpg




1171-DSC_0019.jpg




1171-DSC_0024.jpg



               【 08:55 稲荷山展望台 】
1171-DSC_0054.jpg




1171-DSC_0034.jpg



【 09:45 高尾山 】
1171-DSC_0050.jpg

1171-DSC_0053.jpg
1171-DSC_0082.jpg

Tag:
2013.11.24
※書きかけのままになっていた去年11月の登山記録を、今更ですが続きをスタートです。(汗)



1163_01.jpg

木の階段が終わると、鎖のあるガレ場になりました。息を切らしながら登っていきます。
後ろを振り返ってみると、



1163_02.jpg

1163_06.jpg
1163_05.jpg

素晴らしい展望です!キツい上りのご褒美だ〜



1163_03.jpg

ちょいちょい立ち止まって景色を堪能。(ちょうどいい休憩。)



1163_04.jpg

左に大山、その向こうに相模湾。(写真は、海を濃く写すために露出を下げています。)
太陽の光が反射してキラキラしていました。



1163_07-.jpg

ガレ場を上りきると、木の階段になりました。ここも美しいブナ林。



1163_08.jpg

そして木道が続きます。すぐそこに稜線が見えています。



1163_09.jpg

          木の階段を上りきると、丹沢三峰からの尾根に合流しました。
          丹沢山まであともう少し!



【 08:37〜09:05 丹沢山 】
1163_11.jpg

1163_12.jpg

1163_10.jpg

1163_13.jpg

▲丹沢山〈1,567m〉

塩水橋から3時間2分、まずは丹沢山まで無事登ってくる事ができました。丹沢山はこれで2回目になります。
9時前ですが、そこそこ賑わっている丹沢山山頂。ここでで30分程休憩しました。みやま山荘の外にあるトイレ(100円)を利用させてもらいました。
甘いものを食べながら、この後のルートを、丹沢三峰へするか、蛭ヶ岳へするか、作戦会議。
時刻は9時前…蛭ヶ岳へ行く時間はクリア、梅子の体力もまだだいぶ残っているので、本命の蛭ヶ岳へ行く事にしました。
丹沢山〜蛭ヶ岳間を歩いた方のレポートで、とても景色が良いと書かれていたので、憧れていたルートです。
うれしいなぁ〜わくわくです☆
 
 

Tag:
2013.11.24
1162_01.jpg
〈 不動ノ峰から富士山を望む。右後方に南アルプスの山々。 〉



▲丹沢山、不動ノ峰、蛭ヶ岳 〔 神奈川県 〕

2013年11月24日(日)・ 快晴

○ルート / 塩水橋 〜 堂平 ~ ▲丹沢山 ~ ▲不動ノ峰 ~ 棚沢ノ頭 ~ 鬼ヶ岩ノ頭 ~ ▲蛭ヶ岳
        〜 ▲丹沢山まで戻る 〜 天王寺尾根 〜 本谷橋 〜 塩水橋

○山と高原地図の参考所要時間 / 9時間25分

             (塩水橋〜塩水林道~丹沢山 3:35)(丹沢山~蛭ヶ岳 1:50)(蛭ヶ岳~丹沢山 1:30)
             (丹沢山~天王寺尾根〜塩水橋 2:30)                                
○交 通 / 車・塩水橋駐車スペース




県道70号(秦野清川線)の、宮ヶ瀬よりにある「塩水橋」から、丹沢山を経由して蛭ヶ岳へ登ってきました。
天気は快晴!丹沢山から蛭ヶ岳への稜線歩きでは、素晴らしい景色を堪能できました。

前回の登山ではコースタイムの計算を間違えた上に登山道を外れ、日没ギリギリでした。
日が短いこの時期、長めのルートは危険…という事で、無理のないプランをと、「丹沢山から丹沢三峰」の予定で行き、
丹沢山に着いた時に、時間と体力に余裕があるようであれば「丹沢山から蛭ヶ岳」に変更する・・・
という二つのコースを考えていきました。
結果、今回は5時半に塩水橋をスタートできたこともあって、歩きたかった蛭ヶ岳へのコースを行くことができました。

これで丹沢主脈は、塔ノ岳から姫次まで歩いたことになりました。
焼山~塔ノ岳までの丹沢主脈ルート、いつか全て繋いで歩きたいなぁ・・・ガンガン歩ける脚力をつけたいです。



【 05:35 塩水橋ゲート スタート 】
早朝5時半、辺りはまだ闇に包まれ、全く景色の分からない林道を、ヘッドライトを付けて歩き始めました。
程なくして、塩水林道と本谷林道の分岐へ、右の塩水林道へ進みます。



1162_02.jpg

空が明るくなってきたのは、歩き始めてから20分くらい。



1162_04.jpg

落ち葉に霜が降りていました。



1162_03.jpg

1時間半近くの林道歩きで、徐々に標高を上げていきます。
現地に着くまでどんなに眠くても歩き出せばシャキッとなるのですが、今日はスタートから眠くて仕方ありません。
暗いうちから歩き出したせいで体がなかなか覚醒しないのかしら…



【 07:03 堂平登山道入口 】
1162_05.jpg

1162_07.jpg   ← 登山道入口の反対側にある、堂平雨量観測所。
   標高887mと記されていました。

   林道の途中から堂平まで、ショートカットできるルート
   (地図は破線ルート)があるのですが、林道途中からの
   入口を見つけられず、最後まで林道を歩いてきました。
   ショートカットルートは、この雨量観測所の右脇に付け
   られたピンクテープのところへ出るようです。
   上から覗いて見た限りでは、踏跡はしっかりありますが
   小枝や草が覆い被さり、ちょっと心細い感じ…
   
   


1162_06.jpg

長かった林道歩きが終わり、堂平からは登山道に入ります。ここから本格的に登山スタートです。



s-DSC_0043+.jpg

落葉の積もった柔らかい土の上を歩く感覚や、木々の間から差し込む力強い朝日に気分が盛り上がってきました。
眠気も消え、ようやくスイッチがONに!



1162_08-.jpg

植林帯を上りきると、稜線が見えてきました。その上には雲ひとつない青空が広がっています。



1162_09.jpg

葉をすっかり落としたブナの林。葉が無い分、白い幹の美しさが際立ちます。
山の陰に入った谷間の登山道には、冷たい風が吹き抜けていきます。汗ばんだ体に気持ちいい冷たさ…



1162_10-.jpg



【 07:58 天王寺尾根 分岐 】
1162_11.jpg

丹沢山、天王寺尾根への分岐。帰りは天王寺尾根から塩水橋へ戻ります。



1162_13-.jpg

しばしなだらかな尾根歩きを楽しんだら、



1162_14.jpg

丹沢山への最後の上りが始まります。




→ 塩水橋から蛭ヶ岳 / 快晴の稜線歩き(2) 丹沢山

Tag:
2013.10.19
1157_01.jpg

1157_02-.jpg

城ヶ尾峠からの下り始めは、痩せたトラバースが続き、ロープが渡されている箇所もありましたが、気をつけて歩けば大丈夫。



1157_03.jpg




1157_04.jpg

登山道に落ちていた・・・タコさんみたいなコレは何だろう?



【 14:06 登山口・林道へ 】
1157_05.jpg

1157_06.jpg
1157_07.jpg

登山口に下りて来ました。登山道はここで終了、この先は林道歩きです。
あちこちの山で見る「熊出没注意」ですが、山梨県の熊プレートはかっこいいぞ!一番目立つ「黄×黒」のカラーに、
シンプルなデザイン。クマといい、書体といい、好みです☆
人の少ない静かな西丹沢。熊プレートはそそられますが、熊さんには会いたくないので熊鈴を付けて歩いていました。

Tag:
2013.10.19
1155_01--.jpg

深い笹が茂るアップダウンのある道が終わると、緩やかな美しいブナ林の道。

Tag:
2013.10.19
1154_01.jpg

ガスに包まれたブナの尾根道。これはこれでいいなぁ・・・



1154_04.jpg

白いもやの中に浮かぶ色付きはじめたモミジ。



1154_02-.jpg

前方が明るく開けているのが、ぼんやりと見えました。山頂はもうすぐ!

Tag:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。