--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2008.11.13
「もしやもうすぐ金時トンネル?」
と思いたくなるような、思わせぶりなカーブをやり過ごす度に
「必ず終わりは来るのだから!」と、
気持ちがメゲないよう自分を励まし励まし、ペダルを踏みしめていると、

『あれ!? もしかして足が辛くなくなってる??』

上りで使う太ももの筋肉は普通に辛いけれど、
あんなに苦しかった足全体の痛みを感じなくなっていました!
ダメ元で飲んでみたけれど、こんなに楽になるなんて・・・
さすがイブA錠!!

ほんと、助かったよ~!!!!



そして久しぶりに写真を撮る事が出来ました!  (※↓クリックで少し拡大)

0811-055--.jpg


【 PM 03:17 】 見晴らしのいい広場にて。

0811-062.jpg



来た道を振り返ってパチリ。

0811-056.jpg

山のてっぺんが近い・・・
この感じだと、峠はもうそろそろに違いない!

あともうひとふんばり!!



 
 
そしてとうとう

0811-063.jpg



【 PM 03:23 】 「金時隧道」に到着!!

0811-064.jpg

(標高は860mらしい。)



トンネル前の広いスペースには、ハイカーと思われる人達の車が停まっていました。
金時山の登山道があるようです…
登山の準備をしているおじさんが、自転車の梅子達が気になるようで、
ジロリ!とコッチを見ていたのですが、おやじが「こんにちは~」と言うと、
「こんにちは~」と返してくれました。笑
あれ…やっぱり自転車はあまり見かけないのかしら・・・



実は途中で一台だけ、自転車とすれ違ったのですが、なんと、

スポーツ車ではなく カゴのついた普通の自転車でした…

普通の服装で、もちろんヘルメットも被ってはいない男性(おっちゃん)は、
箱根側からスピードを出して下って来たのですが、休んでいた梅子達の横を、
挨拶するでもなくちょっと微妙な笑みを浮かべて通り過ぎました・・・
自転車には荷物を積んでいて、何やらカスタマイズされていたような気もします…
とにかく不思議なオーラを出しながら山を下って行きました。
この林道の常連さんかしら・・・汗



0811-065.jpg

もっと景色を楽しんだり写真を撮ったりしたかったのですが、
思った以上に時間がかかってしまい、早々に金時隧道を後にします…
333mあるトンネル内では、薬が効いてるのか?かなりハイテンションになり、
子供みたいに『やっほォォォ~!!』と叫ばずにはいられませんでした!



トンネルの後はもう下るだけです!!
カーブがきつい部分が多く、慎重に下っていきましたが、
気持ちよかった~!!



そして程なく、国道138・箱根裏街道へ出ました!
林道を振り返り、箱根側のゲートの様子をパチリ。

0811-066.jpg


【 PM 03:30 】 祝・箱根入り☆

 
へつづく…) うわ~長いよ!長過ぎる!!(*Д*;)
 
 
≪ サイクリング・ポタリング記事 INDEX ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。