--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2009.05.09
テレビボードの左側、
「ステレオを置く台」と「飾り棚」が、(一応)完成しました☆


0905-020-.jpg




0905-021.jpg




入居当時、ステレオ上の壁には、ファブリックパネルを飾りたいと思っていました。
ただ、ファブリックパネルはお高いものばかりで買えず、
かわりに絵などのフレームを色々と掛けていたのですが、
飽きっぽいワタシ、特に柄の物はすぐに飽きてしまうようなのです・・・




0905-022.jpg

何もないと淋しいので、ここには何かを飾りたい…
と思いつつ、いい案が思い浮かばずに何年も経ってしまいましたが、
キッチンに棚を付ける作業をしていて、ふと、

「ステレオの上に棚を付けたいっ!!」

という衝動にかられまして、
なんとも唐突に、棚を付けてしまったのでした!

棚なら、飾る物で雰囲気を変えられるので、
飽きっぽい梅子にいいんじゃないかしらん!?




下の写真は2007年です。(モンステラを撮った写真ですけど…)
ステレオ回りはこんな風でした。
まだパソコンデスクを作っていなかった頃です。

0905-010.jpg

〈2007年〉


0905-023.jpg

〈棚完成後〉



↓ 続きは、作業過程になります…



 
 
▼ 飾り棚

0905-024.jpg


0905-026.jpg   このステンレスの棚受けは、
   ホームセンターで購入。
   あちこちのホームセンターで
   見かけるメジャーなタイプですが、
   シンプルでいいと思います。

   棚受けは、柱のある場所に
   取付けました。

  (※小さい写真はクリックで拡大)







0905-025.jpg

棚板は、奥行き約15mmのエゾマツ材です。
キッチンの棚計画で使う為に買った板でしたが、予定が変更になり、
余っていたのを利用しました。
棚受けの場所に合わせて幅を少しカットしました。

薄く軽いので、壁への負担が気になる部分にはいいです。
(が、値段が高いんですねぇ・・・)

塗装は(いつもの)ワトコオイルです。
ナチュラルにミディアムウォルナットを少し混ぜました。




0905-029.jpg

窓枠に取付けようと購入したのに使わなかった
ステンレスのパイプがあったのを思い出して、
棚受けのアームに通してみました。
S字フックを使い、よくかぶっているハンチングや
壊れているので飾りにしてるカメラなどを掛けてみました。




0905-028.jpg

棚の上には、ハリネズミの蝋燭。
以前はコチラにいました。
(彼は特価のワゴンに入っていて100円でした☆)




★材料費  (塗料は含まず)

 ・ステンレスアーム棚受 3個      ¥1,344 (1個¥448)    
 ・エゾマツ材(約150×1820×14mm厚) ¥1,780
 ・ステンレスパイプ19ø        (¥860円位だったかな…)


 ※天板に値段の高い板を使いましたが、SPF材(1×6材)なら、
  (梅子の行くホームセンター価格では)板代は398円になりますよ!

 





▼ ステレオ台


スピーカーを乗せていた長さ30cmの角材と、20cmの角材を並べ、
角材の間に余っていた板(端材)を置きました。

0905-011.jpg

角材を壁側(奥)にピタリと付けても、
「床と壁の境にある段差」(この部分何て言うの?)がある為、
上から見ると少し隙間ができます。
ここに、テレビボードの電源コードとTVのアンテナケーブルを、挟みました。




0905-012.jpg   並べた角材の上に、
   隣のテレビボードの天板と
   同じ位の濃さに塗った
   奥行き30cmの板を、
   壁側に間を開けて乗せます。







0905-013.jpg

壁と板の間には、他の作業で出た細長い端材を2本入れました。
こうしておけば、配線をいじらなければならない時に便利かと☆




0905-014-.jpg   ステレオの電源コードを
   間に通します。

   ステレオの電源は、
   台の下の電源タップからとります。






0905-016-.jpg

台の中の空間が勿体ないので、あまり聞かないCDを入れておく事にしました。
床と天板の間に、杉の板をハメ込んでフタをしました。




0905-019.jpg

この杉板は、木目が綺麗だったので「何かに使うかな?」と購入しておいた物です。
角材の厚さは10cm、そしてこの板も幅10cmのサイズだったので
使う事にしたのですが、微妙にサイズが大きくてカンナで削りました。
この作業がとてもめんどうでした~

ピッタリサイズの為ガッツリはまり過ぎ、開け閉めが固いんです…
(ちょっと失敗☆)




0905-027.jpg

ビスもボンドも使わず、ただ組み合わせただけの簡単な作りでした☆




★材料費 ¥6,380  (塗料は含まず)

 ・天板(300×1820mm・R加工)    ¥1,300 (定価¥2,580の半額で)
 ・全面の杉板(100×2000×10mm厚)  ¥1.080
 ・集成角材(100×100×300mm)4本  ¥3.000 (1本 750円)
 ・集成角材(100×100×200mm)2本  ¥1,000 (1本 500円)


 ※角材はもともとステレオの為に購入したものではなく、余っていたので使いました。
  集成角材はお値段が結構するので、別の物で代用すれば安くなりますね☆
  ステレオを置く台なら、グラつくのNGっぽいので、
  レンガなどで代用するのがいいかしら・・・




~ そのほか ~

0905-017-.jpg   ステレオは、おやじが以前作り
   脚が取れてしまった棚を
   横にして乗せています。
   サイズがピッタリなのです!
   下に、円柱の木材ブロックを
   脚のかわりに置いています。

   横から見ると脚がもげた跡が…



0905-015.jpg   スピーカーの下には、
   振動を抑制させる
   インシュレーターを置いています。
   これを置いてから、音の抜けが
   良くなったような気がします♪
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。