--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2009.07.15
玄関に飾り棚を付けました。

棚の下には、リビングに取付けた棚と同じく、家にあったステンレスのポールを渡し、
DIYで使う定規、買物用リュック、日焼予防のストール、小物入れ、
ストックのちり紙を入れたポシェットなどをぶら下げました。


0907-025-.jpg




※どうでもいいけど「ポシェット」って最近聞かない用語よね…
もしかして「ちり紙」も微妙かしら?
(子供かよ!ってツッコミかしら?)





0907-024+.jpg

棚を付けたのは、玄関を開けると正面にある壁です。

玄関には、建て売り住宅によく見られるタイプの下駄箱収納が付いています。
(我が家は建て売り住宅♪)
特に特徴もなく(写真より実物は狭いし)正直ぱっとしない玄関なのですが、
棚を付けたらちょっと楽しくなったと思うのです☆




0907-027+.jpg

リビング側のドアからはこのように見えます。
棚の右側に、前回記事にした「端材コーナー」があります。

床に置いている緑の箱は、工具箱です。
オレンジの箱にはビスや金具など、DIYで使う細々とした資材が入っています。
邪魔なので何処かにしまいたいのですが、
1階にこれらを収納できる場所はないんですよ・・・
貴重な玄関右の収納は、もういっぱいいっぱい!
(ちなみに電動ドリル様はここに入っています。)




0907-026.jpg

自転車は玄関入って左側に。
自転車を掛けているのは「MINOURAバイクタワー」です。
天井と床との突っ張りポール式になっています。

上の緑の自転車が梅子のですが、
同じKHSの小径車でも、おやじのF-20Rとは別物で、
乗り心地は(長く乗るには)いいとは言えず、最近はめっきり乗ってません。
(なので、カゴを置かれたり靴べらや手袋を掛けられたりしてマス…)

荷台に置かれている小さなカゴには、大判コットンが入っています。
暑い時期、おやじの「額の汗取りパット」として、
毎日の通勤にヘルメットに挟んで使っています。
(毎日、絞れるほどべちょべちょになります… 汗)

(ちなみにおやじの自転車は、富士ヒルクライムから、
ドロップハンドルに変えたままです。)




本当は、物が何も置かれていないスッキリした玄関が理想だったんです。
しかし、現実は木材、自転車、置き場の無い工具箱など、物が沢山・・・汗

バイクタワーを設置し、玄関が更に狭くなった事で
「ん・もういいや!」とあきらめがつき、

玄関のテーマは

「ガレージ風な玄関」 と決定!

スッキリとは逆の方向へ向かうこととなりました。笑

今まで収納場所に悪戦苦闘していた、よく使う「買物用リュック」も
玄関に出して置く事にしたら、あら快適☆

「理想と現実」「理想と使い易さ」は違うのね・・・

とつくづく思うのであります。。。



※続きは作業過程になります。
 興味のある方はどうぞ☆



 
 
0907-028.jpg

リビングの棚受け(→画像はコチラ)と同じ物にする予定だったのですが、
一番近いホームセンターに買いに出かけたところ、同じ物が売っておらず、
目に付いたステンレス製のL字金具を、急遽棚受けにすることにしました。

いかにも「金具です☆」って感じが、
逆に「アクセントになるかな?」なんて思って。。。




ただ、

手でむぎ~っ!!と力をかけてもびくともしない
厚みのある頑丈そうなL字金具だったのですが、
壁に取付けて力をかけてみると「たわむ」んです…

棚に重い物を乗せる予定はないので、気にする事はないのですが、
がっつり物を乗せる棚には「L字」ではなく、
前回棚受けのように、「三角」になっている方が
強度は安心だと思いました。




0907-030.jpg

棚板は、買い置きしていた1×6材(6フィート)、398円を使用。
(※1×6材については、記事の最後を参照してね☆)

板はまだ塗装をしていません。
木材に塗装をするのは色を変えるだけではなく、板を保護する役割もあるので、
作った家具等には、すべて塗装(主にオイル塗装)をしてきましたが、
ナチュラルなイメージの白い板が、以外にもガレージ感な玄関に
似合っている気がして、しばらくは未塗装のまま使おうと思っています。

飾り棚なので汚れる事もそう無いだろうし、
反っても割れても398円とお安いしネ☆
飽きたら塗装するので、棚板はまだL字金具に固定してません。




0907-029.jpg

棚板の下に、U型の金具を取付けました。




0907-031.jpg

リビングの棚受けは三角形になっていたので、その中にポールを通したのですが
今回はL字金具のため、棚板の金具にS字フックを掛けて
ポールをぶら下げています。




0907-035.jpg

ポールに、物を吊り下げるために使用したフックは、
19mmのポール用に売られていたS字フックです。
9個入りで98円でした。




ガレージ風な玄関DIY、棚で終わりではありません。
これからちょこちょこ手を加えて行きたいと思います☆
(たぶん。)




《 2×材・1×材について 》

★ツーバイ材(2×材)とは、
もともと住宅建設の、2×4(ツーバイフォー)工法で使用される木材のことで、
板の厚みは38mm、
幅には下記の規格サイズがあります。
38mm(×2)、89mm(×4)、140mm(×6)、180mm(×8)、235mm(×10)

★厚さがツーバイ材の半分・19mmのものをワンバイ材(1×材)といい、
幅は、89mm(×4)、140mm(×6)、180mm(×8)、235mm(×10)
があります。

2×材・1×材に使われている樹種は、主に
スプルース(トウヒ)、パイン(マツ類)、ファー(モミ類)などで、
その頭文字をとって「SPF材」と呼ばれています。
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。