--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2009.09.14
 
0909-041.jpg




0909-042.jpg

夜はすっかり涼しくなりましたが、まだまだ冷えたビールと枝豆がうまいです☆




庭にガーデンテーブルを置いたおかげで、今年の夏はBBQ以外でも庭で食事をするようになりました。

家の中が蒸し暑いのに、外は涼しくて気持ちのいい夜があります。
そんな夜は庭に出て晩ご飯。
お酒もここで飲むので、完全セルフのビア・ガーデンです。

キャンドルを灯せば、狭い庭のホームセンターの安いガーデンテーブルセットでも、
たちまち優雅なガーデンテラスになるんですよ☆ (たぶん。)

風を感じながら、お酒を飲んだり食事をするのはとても気持ちがいいです。
九月に入ってからは長袖を着ないと肌寒い夜も多くなりましたが、
虫の音をききながら、あともう少し庭ダイニングを楽しみたいと思います。



 
 
そんな気持ちのいいガーデンダイニングですが、
残念ながら、ちょっぴりデメリットがありました。



それは、


0909-043.jpg

ご飯がよく見えないことです・・・


写真は、小ねぎたっぷり・ツナと柚子胡椒のパスタを
食べているところですが、
青ねぎの鮮やかな色がさっぱりわかりません!
そのため、ネギの風味が半減したような気がします。
視覚で味わう事ができないのは、ちょっと痛いところ…

明るいガスランタンもあるのですが、ランタンで照らしても、
料理はあまり美味しそうには見えません。笑




まあ、しかしそれはちょっと我慢しましょう…
欲張っちゃいけませんね。




庭ダイニングには、おきまりの

 


0909-044.jpg

ウメの監視もあったりして、
とても充実した食事の時間が過ごせます♪




★ ★ ★




上写真の全くよくわからないパスタ、いつものように冷蔵庫の余り食材で作ったものですが、
おやじに大大大好評だったので、レシピをメモしたいと思います。
柚子胡椒が大好きな方は、絶対美味しいと思いますヨ~♪


★ 小ねぎたっぷり!ツナと柚子胡椒のオイルパスタ ★


+++++ 材 料 +++++

▲オリーブオイル

▲パスタ。(梅子家はディチェコを愛用☆)
 うちは二人で250g食べます。
 ちなみにこの日は260g(お腹の具合で麺の量が変わるんです。)

▲にんにく1片はみじん切り。

▲小ねぎ(たとえばこんなネギ)は好みの大きさに刻みます。(好きなら一袋ガツンと☆)
 薬味のように切れば麺にがっつり絡み、長めに切れば食感が楽しめるかと思います。
 (梅子はなんとなく薬味サイズと1cm位と半々で切りました。)

▲たまねぎ中半分は、5mm位のスライスに。

▲ツナ缶1缶。(梅子はノンオイルタイプを使用。)

▲大葉の千切り(好きなら一束ガツンと☆)

▲好みで刻みのり


+++++ 作り方 +++++

▼オリーブオイルでにんにくみじん切りを弱火でじっくり炒めます。

▼にんにくのイ~香りが漂ってきたら、たまねぎを投入、中~弱火で炒めます。

▼玉ねぎがくたっとしたら、ツナを(ノンオイルなら汁ごと)入れてさっと炒め、柚子胡椒を投入。
 醤油をちょろっと入れます。(柚子胡椒が味付けのメインなので、隠し味程度に。)
 パスタのゆで汁も少し入れます。

▼パスタが茹で上がる少し前に、青ねぎの3/4量をソース入れさっと混ぜておきます。

▼茹で上がったパスタをソースに投入して絡め、器に盛ったら
 残りのネギと千切りの大葉、刻みのりをトッピングして出来上がり☆


+++++ メ モ +++++

玉ねぎは、具材としてではなく、ソースに甘みを出すために入れているので、
しんなりくたっとするまでゆっくり炒めました。
玉ねぎがなければ、コンソメを入れて甘みを出してもいいと思います。
シンプルな味が好きな方は、玉ねぎもコンソメもなしで。

柚子胡椒の分量は好みです。~小さじ1程度までが目安だと思います。
味見しながら入れてくださいね。
柚子胡椒だけで味付けをすると、かなり辛いパスタになりますので、
辛さが苦手な方は柚子胡椒は風味程度に入れ、プラス塩で味付けして下さい。
醤油味が好きな方は、醤油メインで味つけするのも和風味でいいかもしれません。

にんにくは、みじん切りかつぶして取り出すかにんにくチップにするか、
二個使うか三個使うかはお好みでどうぞ。

味の好みは人それぞれなので、好きな分量で試してくださいね☆



.・・・・・・・



おやじがパスタ大好きなので、平均すると週一回はパスタを作っていると思います。
(残り野菜の処理にも大助かり☆)

梅子がパスタで一番こだわっているのが、オリーブオイルでにんにくを炒めるところです。
じっくりゆっくり極弱火で、時間があればほんとにゆっくりと、オイルににんにくエキスを移します。
オイルは、ちょっと多いんじゃない!?という程どぼどぼ入れると美味しいです。笑

そしてそして麺は絶対ゆで過ぎない!
アルデンテのちょい手前でも、フライパンでの中でソースを絡めている間に伸びると思う心意気で☆

あとは塩加減。ソースの塩加減は必ずチェックします。
一口食べた時に、ちょっと物足りないくらいが食べていくうちに美味しい~!!ってなります。
(パスタを作る前にうっかり飲み過ぎてしまうと、塩加減を失敗しやすく、
 しょっぱくしてしまうことがあるので気をつけましょう・・・)
 
 
Tag: ビール






非公開コメント



TrackBackURL
→http://umeneko.blog118.fc2.com/tb.php/498-829a108e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。